介護士の仕事内容

介護士の仕事内容とやりがいは?それぞれの職場で比較しました!

介護士の仕事内容は職場によって様々

介護士の仕事内容は施設形態や事業形態によって全く異なります。例えば、介護を必要とする高齢者が多く入居型する老人ホームでは、常時数名の職員が日勤と夜勤に分かれ、24時間365日体制で入居者様の生活支援を行います。

一方の在宅介護サービスの訪問介護では、訪問介護員が1人で利用者宅を訪れ、必要とする介護サービスを提供します。

また、特別養護老人ホームでは排泄介助や入浴介助などの身体介護が日常的に行われますが、サービス付き高齢者向け住宅では職員による介護サービスを提供しておらず、身体介護といった業務は基本的に行いません。

給与や通勤時間で求人を選ぶことも大切ですが、自分が働く職場はどういった場所なのか、またどういった高齢者が利用しているのかを、応募する前に理解しておくことが重要です。

そうすることで、就業前と就業開始後のイメージの違いによる退職リスクも防ぐことが出来ます

介護士の職場一覧

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム特別養護老人ホーム(特養)は、日常定期に身体介護が必要な高齢者や重度の認知症高齢者が多く入居している介護施設です。民間の企業が営利目的に運営している有料老人ホームと違い、入居一時金が不要で利用料が安いことが大きな特長です。
続きを見る

有料老人ホーム

有料老人ホーム有料老人ホームとは、民間企業や社会福祉法人が営利目的で運営している介護施設のことを言います。特別養護老人ホームとは違い高齢者の入居費用が高額な施設が多く、資金に余裕がある高齢者でなければ入居することができないのが現状です。
続きを見る

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム有料老人ホームは民間企業や社会福祉法人によって運営されており、そのジャンルは大きく分けて3種類あります。その中でも、最もポピュラーな施設が介護付き有料老人ホームです。
続きを見る

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム住宅型有料老人ホームとは、1人暮らしが困難な高齢者を対象にした有料老人ホームのことで、民間企業や社会福祉法人によって運営されています。一般的には、自立~要支援の高齢者を混合で受け入れており、必要に応じて生活援助などの介護サービスを提供しています。
続きを見る

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム健康型有料老人ホームとは、身体介護だけでなく生活援助なども極力行わない方針の有料老人ホームのことを言います。入居者様の自立支援を目的に運営されており、日常的な介護が必要になった場合は退去となるケースもあります。
続きを見る

軽費老人ホーム

軽費老人ホーム軽費老人ホームとは、要支援の高齢者を対象に受け入れを行っている介護福祉施設のことで、その名の通り、有料老人ホームに比べると入居費用が安いことが特徴。軽費老人ホームA型、軽費老人ホームB型、軽費老人ホームC型と3つの種類があります。
続きを見る

ケアハウス

ケアハウスケアハウスとは軽費老人ホームC型の通称で、食事の提供と見守り介護を行う介護施設のことです。60歳以上で自立可能な高齢者であれば入居することが出来ます。
続きを見る

ケアホーム(共同生活介護)

ケアホーム(共同生活介護)ケアホームとは「障がい者共同生活介護事業所」が正式名称で、地域の住居にて少人数で共同生活を行いながら日常生活の中で必要な介助や支援を受けることができる施設です。
続きを見る

介護老人保健施設

介護老人保健施設介護老人保健施設(老健)とは、病院での治療を終えて退院した高齢者が、在宅復帰を目指して入居する介護施設のことです。介護老人保健施設では、医療管理下で機能訓練士によるリハビリテーションが行われます。
続きを見る

介護療養型老人保健施設(新型老健)

介護療養型老人保健施設(新型老健)介護療養型老人保健施設とは、平成29年度までに廃止が決まった介護療養型医療施設にとって代わる施設形態です。一般的に新型老健と呼ばれることも多いのですが、介護老人保健施設(老健)との大きな違いは、より重点的な医療ケアが行われることです。
続きを見る

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)は、バリアフリーに対応した高齢者向けの賃貸物件のような介護施設です。以前は、高齢者専用賃貸住宅や高齢者向け優良賃貸住宅といった区分もありましたが、現在はサービス付き高齢者向け住宅に統一されました。
続きを見る

デイサービス(通所介護)

デイサービス(通所介護)デイサービス(通所介護)は、高齢者が日帰りで食事、入浴などの身体介助や、身体機能の向上や認知症改善を目的としたレクリエーションが受けられる介護サービスです。
続きを見る

デイケア(通所リハビリテーション)

デイケア(通所リハビリテーション)デイケアの正式な呼び方はは、通所リハビリテーションです。自宅で過ごしながら支援を必要としている人が、病院や診療所、介護老人保健施設などに通いながら、「栄養改善」「口腔機能の向上」「運動器の「機能向上」を目的にし、目指しています。
続きを見る

認知症デイサービス

認知症デイサービス認知症デイサービスとは地域密着型サービスの一種で、重度の認知症高齢者にも対応したデイサービスのことです。定員は12名以下と少人数で運営されており、認知症予防やケアを重点的に行われます。
続きを見る

ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイ(短期入所生活介護)ショートステイ(短期入所生活介護)は、介護を必要とする高齢者が連続利用30日を限度に宿泊することができる介護サービスです。特別養護老人ホームや介護老人保健施設といった併設型の施設や、ショートステイ専用といった単独型の施設で運営されています。
続きを見る

グループホーム

グループホームグループホームとは、認知症の高齢者が5~9人の少人数グループで共同生活をしながら、介護や生活援助だけでなく、介護予防や認知症予防といった機能訓練が受けられる地域密着型サービスです。認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれています。
続きを見る

訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護(ホームヘルプサービス)訪問介護(ホームヘルプ)は、在宅介護を行うお宅に訪問して、身体介護や生活援助などをケアプラン(介護計画)に基づいて提供する介護サービスです。
続きを見る

訪問入浴

訪問入浴訪問入浴とは、在宅介護を行っている家庭に訪問して入浴介助を提供する介護サービスです。自身の力では入浴することが困難な高齢者だけでなく、自宅のお風呂場が介護対応していないなど、様々な用途に利用されます。
続きを見る

病院・医療機関

病院・医療機関介護施設以外にも、病院や診療所、クリニックといった医療機関でも介護士は活躍しています。正確には、看護助手といった職業ですが、仕事内容や役割は介護士とほとんど同じ。
続きを見る

小規模多機能型居宅介護施設

小規模多機能型居宅介護施設小規模多機能型居宅介護施設とは、施設への通い、短期間の宿泊、自宅への訪問を、利用者様の様態や家庭環境に応じて提供する地域密着型サービスの介護サービスです。訪問介護とデイサイービスとショートステイがひとつの事業所によって運営されている介護施設です。
続きを見る

地域包括支援センター

地域包括支援センター地域包括支援センターとは、高齢者の介護や日常生活に関する相談業務や居宅支援を行う地域の中核機関です。基本的に誰でも無料で相談することができ、介護保険に関する相談窓口や福祉用具の見本なども設置されています。
続きを見る

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.