介護施設・介護事業所

病院や医療機関で働く介護士の仕事内容とやりがい

介護施設以外にも、病院や診療所、クリニックといった医療機関でも介護士は活躍しています。正確には、看護助手といった職業ですが、仕事内容や役割は介護士とほとんど同じ。

入院する患者は子供から高齢者まで非常に幅広いので、老人ホームでは学べない介護スキルが身に付きますよ。

病院や医療機関で働く介護士の仕事内容

病院や医療機関で働く介護職員の業務内容は、入院している患者様の入院中の生活内での支援を行うことです

病院や医療機関で働く介護士の仕事内容

勤務先の病院やその病棟により、担当する患者様の病状は異なりますが、主に食事、着替え、排泄、車いすやベッドへの移動、ベッドの上での体位交換、リハビリ室や検査室への移動などの介助です

こうした入院中の身の回りの身体介助だけでなく、ベッド1つでも入退院時の準備、片付けや、入院生活中のシーツ交換があります。

その他にもトイレ、洗面所、お風呂の清掃、カーテンの開閉や備品の補充、リネン類の管理や床頭台の準備といった環境整備があります。

しかし、これだけではありません。各科まで書類や検査物を届けたり、看護業務のサポートも行います

また、病棟単位で行われるゲームや体操、カラオケ大会といったレクリエーションの提案・実施まで行うこともあります。

病院や医療機関で働くやりがいとは?

病院や医療機関などで介護をすることになる患者様は、皆様不安を抱えながらも病気の治療や手術、リハビリに向かっています。

退院を目指し病気や怪我の改善のため、様々な治療やリハビリを受けています。患者様本人だけでなく、そばで支えているご家族の方々も様々な思いを持たれています。

患者様の人生において、入院生活は自身の状況に立ち向かい闘っていく時間です。そんな時間のなかで元気になっていただけるとパワーをもらうことができます。しかしそれだけでなく、悲しい辛い場面に立ち会うこともあるでしょう。

そうした人生の中で特別な節目となる時間を過ごしている患者様のサポートをしていくなかで、様々な嬉しい場面や悲しい場面、患者様から頂く言葉などに多く出会うことになります

これらはあなた自身の人生の糧にもなっていくのではないでしょうか。

病院や医療機関の仕事に向いている人とは?

病院や医療機関に入院される患者様の中には、数日で退院できる方もいれば、何か月も入院生活が続く方もいます。

毎日過ごしてきた自宅を離れて生活していくことになるため、家や家族、仕事など様々な不安を多く抱えていいらっしゃいます。

病院や医療機関の仕事に向いている人とは?

また、食事や外出などの制限がある場合もあり大きなストレスがかかります。そのような患者様に明るく声をかけ、気分転換ができるような世間話ができるなど、患者様の気分が少しでも晴れるような対応が喜ばれます

なかには要望などを自分では伝えることができない患者様もいらっしゃいます。そうした患者様の気持ちに気付くことができる細やかな気配りも大切です。

実際に、担当の主治医や看護師には伝えにくくても、介護職員には伝えることができるといったケースもあるようです。

さらに、忙しくなっていく業務中でも、的確に優先順位をつけ落ち着いて動くことができ、不意に声をかけられたときにも柔軟に対応できる人が向いているでしょう

敏感にいつもと違う雰囲気を感じ取られる患者様が多いため、平常心を保つことは重要です。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.