介護施設・介護事業所

地域包括支援センターで働くケアマネの仕事内容とやりがい

地域包括支援センターとは、高齢者の介護や日常生活に関する相談業務や居宅支援を行う地域の中核機関です。基本的に誰でも無料で相談することができ、介護保険に関する相談窓口や福祉用具の見本なども設置されています。各市町村に最低1ヶ所は配置されており、その多くは社会福祉法人が市役所から業務委託を受けて運営されています。

地域包括支援センターで働く職員

地域包括支援センターには、保健師看護師社会福祉士介護支援専門員(ケアマネジャー)主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)が勤務しています。地域周辺の居宅介護支援を統括することが多いため、働く職員もそれなりの経歴を持っている方がほとんど。ケアマネジャーの憧れの職場としても人気です。

地域包括支援センターでの仕事内容

地域包括支援センターで働く職員

地域包括支援センターでの仕事内容ですが、まずは介護予防のケアマネジメントが挙げられます。要支援1~2の高齢者に対するケアプランの作成や運用を行い、要介護状態へ移行することなく、住み慣れた地域で過ごしていただくようにサポートします。

例えば、介護予防型のデイサービスや体操教室の紹介や、グループホームへ入居案内など、心身の機能向上や在宅介護を行うご家族の負担軽減を図ります。

高齢者の権利擁護

地域包括支援センターでは、高齢者の人権や財産、虐待防止などの権利擁護も行います。認知症などで自らの金銭管理や意思決定が困難になった場合、訪問販売や悪徳業者による金銭トラブルに巻き込まれる事例も少なくありません。そういった事態を防ぐために、成年後見制度を利用し、ご本人様の人権や財産を守ることも行います。

居宅介護支援事業所のサポート

居宅介護支援事業所のサポート

地域包括支援センターでは、居宅介護支援事業所の困難事例における検討会も行います。近年では、ケアマネジャーが1人で困難事例等の問題を抱え込んでしまい、燃え尽き症候群にて退職するケースが急増しています。

そういった事態を予防するために、地域包括支援センターにて事例検討会を開き、多職種からの意見や情報を共有を行います。

このような共通理解を得る場を作ることで、その後に相談した結果や進捗状況を適宜報告し、いざという時に支援を得られる仕組み作りにも繋がっています。

高齢者に関するトラブルの相談

地域包括支援センターでは、高齢者だけではなく、その家族や近隣住民の方々、また民生委員から「認知症が進んで徘徊されているので危険ではないか?」「近所のスーパーで商品を購入する事なくその場で食べてしまった」「近頃、あそこに住んでいるお婆ちゃんを見かけない」といったような相談を受けることもあり、都度対応しています。

このように、地域包括支援センターは、暮らしや健康など日々の生活に不安がある方が、安心して生活できるよう支援する場所となっています。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.