介護施設・介護事業所

デイケア(通所リハビリテーション)で働く介護士の仕事内容とやりがい

デイケアの正式な呼び方はは、通所リハビリテーションです。自宅で過ごしながら支援を必要としている人が、病院や診療所、介護老人保健施設などに通いながら、「栄養改善」「口腔機能の向上」「運動器の機能向上」を目的にし、目指しています。

ご利用者様の1週間のスケジュールが組まれており、外出や外の世界と繋がる機会が少ないご利用者様やそのご家族の方にとっては、社会的意味が大きい場所となっており、「学校に通っている」と表現される方もいるほどです。

要介護や、要支援の認定を受けた方が対象で、主治医の指示のもと、日中施設へ通い、食事、入浴、心身機能回復のための体操やレクリエーションなど、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士などによって、個別にリハビリが行われます。

デイケアで働く介護士の仕事内容

デイケアで働く介護士の仕事内容

ここでの介護職の業務内容としては、ご利用者様の送迎の介助、お茶出し、健康の確認、コミュニケーションや、食事の準備、移動、入浴、排泄、リハビリの介助です。

また、身体機能向上につながるようレクリエーションや体操、ゲームの企画や実施なども大切な仕事です。通われているご利用者様の身体的レベルは様々で、認知症に特化しているなど、施設により特色があります。

そのため、勤める施設により、支援や介助の程度や内容は異なってきます。

デイケアで働くやりがいとは?

デイケアやデイサービスは、心や身体に病気を抱えた方がリハビリのために訪れます

そういったご利用者様へ生活の指導や改善、筋力アップのための体操や脳トレなど、1日1日の積み重ねになる、とても根気のいる仕事です。

しかし、介護が必要だった動作が自分でできるようになったり、歩行困難だった方が歩行器や杖を使って歩けるようになったりと、ご利用者様の身体状況の改善など成果が出たときには、「この仕事をやっていてよかった」と感じ、大きなやりがいを感じることができるでしょう

また、資格取得によりスキルアップすることで、すぐに現場で役立つということも、大きなやりがいとなります。

デイケアの仕事に向いている人とは?

デイケアの仕事に向いている人とは?

デイケアでのご利用者様との関わりは、朝・昼から夕方までと、数時間単位です。そのため、短い時間、少ない情報からご利用者様の様子や状態を把握する必要があります

そして、その短い時間の中で多くのプラスの経験と感情を得ていただくために、個人への会話はもちろん、施設全体の雰囲気を盛り上げ、運営していくコミュニケーション能力も必要です。

また、色々な方が集まる場所のため、ご利用者様同士のトラブルが起こることもあります。このとき問題解決のための、スマートな対応力も求められます。

さらに、楽器の演奏や手工芸などといった特技や、レクリエーションのレパートリーが多かったり、アドリブを挟んだ気の利いた司会ができると、ご利用者様やスタッフに喜ばれます。

全体の雰囲気を捉えつつ、ご利用者様お一人お一人個人への声掛けもできる、広い視野と対応力が必要です

まとめ

デイケアでは、リハビリを通じ、ご利用者様の機能回復を図るという目的がある、とてもやりがいのある仕事です。関係する資格も多いため、資格取得によりキャリアアップも可能です。

他の介護関係の職場とは少し違った視点で仕事をすることができるため、興味がある方はチャレンジすることをオススメします。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.