介護施設・介護事業所

デイサービス(通所介護)で働く介護士の仕事内容とやりがい

デイサービス(通所介護)は、高齢者が日帰りで食事、入浴などの身体介助や、身体機能の向上や認知症改善を目的としたレクリエーションが受けられる介護サービスです。

一般的にデイサービスは、通所介護専用の施設や事業所等で行われますが、特別養護老人ホームや老人福祉センターなどの施設の一角を借りて行われる場合もあります。

デイサービスは在宅介護の強い味方

デイサービスは在宅介護の強い味方

デイサービスを利用する高齢者の多くは、ご家族による在宅介護を受けている方が大半を占めます。筆者も父親の在宅介護経験がありますが、デイサービスは貴重な癒しの時間を提供してくれる必要不可欠なサービスでした。

また、デイサービスを利用することによって、自宅にこもりがちなお年寄りの外出機会にも繋がるといったメリットもあります。

このように、どうしても閉鎖的になりがちな在宅介護にとって、デイサービスは強い味方といった存在となっています。

デイサービスで働く介護士の仕事内容

デイサービスで働く介護士の仕事内容

デイサービスで働く介護士の仕事内容は、食事やおやつの提供、入浴介助や清拭、排泄介助などの身体介護になります。また、絵画、俳句、将棋、カラオケなどの趣味を用いたレクリエーションも行われ、職員も積極的に参加します。後は、体温測定、血圧測定、脈拍測定といった介護士でも対応可能なバイタルチェックも毎日行います。

デイサービスでは、常時介護が必要なお年寄りから、比較的元気なお年寄りまで、様々な様態のご利用者様に介護サービスを提供しますので、働く介護士には臨機応変に対応できるスキルが求められるでしょう。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.