介護施設・介護事業所

グループホームで働く介護士の仕事内容とやりがい

グループホームとは、認知症の高齢者が5~9人の少人数グループで共同生活をしながら、介護や生活援助だけでなく、介護予防認知症予防といった機能訓練が受けられる地域密着型サービスです。認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれています。

認知症が重度化していたり、日常的な介護が必要になる高齢者はグループホームに入居することが出来ません。ある程度自立して生活できる方や、認知症の状態が安定している高齢者が多く入居しています。

認知症は初期症状が最も大変

認知症は初期症状が最も大変

グループホームで働く介護士によれば、認知症初期症状の高齢者の介護が一番大変とのことです。認知症でも足腰がしっかりしているため、ちょっと目を離した隙に施設から失踪したり、何か気に入らない事があると暴れまわるため暴力を受けることも頻繁にあるそうです。

認知症の高齢者を受け入れているグループホームでは日常的な身体介護等は少ないものの、認知症ならでは大変さがあることをしっかり理解しておきましょう。

グループホームで働く介護士の仕事内容

グループホームで働く介護士の仕事内容

グループホームでは高齢者同士の自立支援が主な目的になりますので、働く介護士は見守り介護が中心になります。ただ、認知症ということもあり、常に入居者様の行動に目を配っていなければならないため、注意力と精神力が必要になる仕事と言えるでしょう。

また、介護予防ケア認知症予防ケアといったの知識も求められますので、最新の認知症改善情報や介護ニュースなどにアンテナを張り巡らすことも大切です。

グループホームで働くやりがいとは?

グループホームでは、入居者様それぞれの生活を尊重しながら、過ごしやすく落ち着いた生活を送れるよう支援していきます

その中で介護職員は、認知症状や身体的障害に合わせた身の回りの支援を行うだけでなく、グループの特徴をつかみ、入居者様それぞれの得意、不得意をカバーし合ってもらえるよう、グループリーダーとして舵を取る役割もあります

認知症状に隠れてしまっている入居者様の適性を活かせるよう、見極め、働きを行うことにより、生き生きとした姿を見ることができます。

また、入居者様同士のコミュニケーションを促していくことにより、今まで隠れてしまっていた表情や声、姿に出会えることもあります。

グループホームの仕事に向いている人とは?

グループホームでは、各入居者様の状態や能力の見極めや働きかけを行うことだけでなく、グループ全体への評価や働きかけも重要となっています

そのため、個人へ支援を行うだけでなく、その人のグループの中での位置づけや役割、コミュニケーションや問題解決の能力などを見極め、グループ内でその特性が活かせるよう、声かけや活動を促していく必要があります。

それらを毎日の生活の中で感じ取り、個人が良い反応を見せられるような方法や、工夫を盛り込んだ働きかけを行うことができる能力が重要です

また、入居者様それぞれ、生活スタイルや考え方、嗜好が違ううえ、認知症状や身体的に必要な支援内容も様々です。そのなかで共同生活が円滑に進むよう、グループをまとめあげ運営していける能力も必要となってくるでしょう

さらには、入居者様間で起きた問題に対し、機転を利かせながら冷静に対応していける能力も求められます。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.