介護施設・介護事業所

訪問入浴で働く介護士の仕事内容とやりがい

訪問入浴とは、在宅介護を行っている家庭に訪問して入浴介助を提供する介護サービスです。自身の力では入浴することが困難な高齢者だけでなく、自宅のお風呂場が介護対応していないなど、様々な用途に利用されます。

訪問入浴はあらゆるニーズに応える

訪問入浴はあらゆるニーズに応える

高齢者にとって入浴はかなりの負担となります。そのため、真夏でもシャワーすらを浴びず、入浴回数がすっかり減ってしまっている高齢者も少なくありません。

そういった生活が続き、身体が不衛生のままだと床ずれ(褥瘡)といった病気の原因にもなります。お風呂に入りたくても入ることが出来ない高齢者のニーズを満たしている介護サービスが訪問入浴です。

看護師が付き添うため持病持ちでも安心して入浴ができるたけでなく、何より自宅で入浴出来るというのは、プライバシーの観点からも利用者にメリットのあるサービスです。

訪問入浴で働く介護士の仕事内容

訪問入浴サービスは、入浴介助車と呼ばれる訪問入浴専用の車両で利用者宅に伺います。車両の運転は専属のドライバーが行う場合もあれば、介護士が行う場合もあります。

現場では、看護師と介護士の2名以上で対応し、看護師による利用者様のバイタルチェックから始まります。バイタルチェックを行っている間に、介護士は車から組み立て式の浴槽を下ろし、リビングなどの広いスペースで準備にあたります。浴槽のお湯は、利用者様に水道をお借りして入浴介助車で沸かします。入浴介助は看護師も手伝いながら行われます。

訪問入浴で働く介護士の仕事内容

訪問入浴は、様々な介護業務の中で最も大変と言われる入浴介助を専門で行う仕事。しかし、実際は看護師や介護士2~3人で1人の利用者様の入浴介助を行いますので、さほど大変ではないでしょう。

それよりも、浴槽の準備や後片付けなどは結構な重労働になります。また、胃ろうストマの利用者様や、浴槽内で排泄をしてしまう利用者様もいますので、臨機応変に対応できるスキルが求められます。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.