介護施設・介護事業所

介護付き有料老人ホームで働く介護士の仕事内容とやりがい

有料老人ホームは民間企業や社会福祉法人によって運営されており、そのジャンルは大きく分けて3種類あります。その中でも、最もポピュラーな施設が介護付き有料老人ホームです。

介護付き有料老人ホームは、要介護状態の高齢者の受け入れを行っている介護施設で、入居後は入浴介助、食事介助、排泄介助といった身体介護から、イベント行事やレクリエーション、機能訓練や医療ケアなども行われます。

介護付き有料老人ホームには、入居一時金が数百万円~数千万円と高額な施設から、入居一時金が無い比較的安価な施設まで幅広く存在します。こうした金銭的な事情によって、入居者様のタイプも大きく異なります。

高級志向の強い介護付き有料老人ホーム

高級志向の強い介護付き有料老人ホーム

高級志向を売りにしている介護付き有料老人ホームには、「介護施設=ホテル」といった感覚で利用する高齢者が大半。つまり、身体は元気でも、いずれは介護が必要になるであろうと先を見据えて介護付き有料老人ホームに入居します。

元気なのは身体だけでなく、考え方もはっきりしており、身体介護はほとんどありません。洗濯、掃除、食事の配膳など、身の回りのお世話が主な仕事内容となるでしょう。

安さを売りにする介護付き有料老人ホーム

一方の入居費用が安い有料老人ホームには、どちらかというと緊急性が高い高齢者が入居されます。緊急性とは、高級志向の強い有料老人ホームとは違い、介護施設での暮らしを楽しむ目的ではないという意味になります。

なかでも最も多い例が、特別養護老人ホームの入居を待つ高齢者です。病気が原因で入院し、治療を終えてある程度の安定期入り退院となったが、自宅での介護は家族に負担がかかる。それならと、特別養護老人ホームにでもと思ったが、入居審査に通らなかったりベッドの空きが無いといった状態が全国各地で起きています。そこで、選択肢となるのが比較的安い金額で入居可能な介護付き有料老人ホームということになります。

介護付き有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

介護付き有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームとは違い、基本的には要介護状態の高齢者が多く入居しているため、介護士の仕事内容は身体介護が中心となります。

定期的な入浴介助や1日3回の食事介助、おむつ交換や排泄介助などは必ず行います。その他にも、レクリエーションやイベント行事なども積極的に行います。

有料老人ホーム全般に言えることですが、民間企業や社会福祉法人が様々な特色を出して運営しているため、介護方針やイベント行事もそれぞれ。基本的な介護業務は共通して同じだと思いますが、他の施設では考えられない状況もありえます。

介護付き有料老人ホームの求人に応募する際は、その施設がどういった状況下で運営されているか十分に確認した方がいいでしょう。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.