介護施設・介護事業所

介護老人保健施設で働く介護士の仕事内容とやりがい

介護老人保健施設(老健)とは、病院での治療を終えて退院した高齢者が、在宅復帰を目指して入居する介護施設のことです。介護老人保健施設では、医療管理下で機能訓練士によるリハビリテーションが行われます。

介護老人保健施設はリハビリを目的とした短期間型の入居施設

介護老人保健施設は短期間型の入居施設

特別養護老人ホームと同じく公的に運営される介護施設ですが、リハビリを目的とした短期間の入居といった点が大きな違いです。そのため、退院後や自宅療養中の方が自宅にてより自立した生活が送れるよう、生活動作や生活の質の向上を目指します。

介護老人保健施設の平均入居期間は3ヶ月~半年程度で長くても1年となっています。

ただ、病院と自宅の中間施設のような位置づけと言われる介護施設ともあって、特別養護老人ホームの入居待ちで利用する高齢者も多いのが現状です。

介護老人保健施設で働く介護士の仕事内容

介護老人保健施設では、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、管理栄養士(栄養士)、薬剤師、歯科衛生士といった様々な医療の専任スタッフが多く勤務しています。そういった点では、介護だけでなく医療から福祉まで幅広く経験が積める職場と言えるでしょう。

また、それぞれの役割分担が明確にされているため、特別養護老人ホームや有料老人ホームでは介護士が行っていたグレーな医療行為は、看護師や医師が行うでしょう。

介護老人保健施設で働く介護士の仕事内容

そのため、介護士は入居者様の介護に専念出来る環境となっています。

一方で、介護老人保健施設では娯楽を目的としたレクリエーションやイベント行事は滅多に行わないため、介護施設の管理職を目指す方にとっては得られる経験値が少ないのかもしれません。

その中で、介護職員は生活に必要な食事や更衣、洗面や入浴、移動や移乗、排泄といった生活動作の介助はもちろん、ベッドメイキングやリハビリの介助、食事の準備も行います。

介護老人保健施設で働くやりがいとは?

介護老人保健施設へ入所されている方は、要介護認定を受け、支援や介助の手を必要としている高齢者の方ばかりです。

そのため、介護老人保健施設において介護職員の力はとても重要。他の職種に比べ、多くの介護士が勤務しています。

毎日の生活が成り立ってこそ、リハビリテーションを受けることができます。そうあるためには介護職員の存在は必要不可欠なのです。

どの介護施設でも共通して言えることですが、看護やリハビリテーションを行うために必要な情報は、日々の生活の中にあります

入居者の生活の様子は介護職員が一番近くで感じているため、入居者だけでなく他職種の方とも積極的にコミュニケーションをとることで、医療的、福祉的な視点からもケアの幅を広げることができるでしょう。

介護老人保健施設の仕事に向いている人とは?

介護老人保健施設では、入居者の方が身体や認知機能の回復を目指し、自宅での生活を目標にリハビリテーションを行っています。

そのため、全て介助や支援を行ってしまうのではなく、入居者様ができることは自身で行ってもらったり、行いやすいようなやり方を考え工夫することも必要。入居者の自立に向け一緒に考えながら支援を行っていく姿勢が大切です。

また、積極的にコミュニケーションをとることで、ケアに必要な情報を得たり、入居者の楽しみやストレスを緩和できるような会話も必要。他の職種の方ともコミュニケーションをとり、介護職としての専門性を高め、より良いサービスを提供できるような努力も必要とされます。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.