介護施設・介護事業所

サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士の仕事内容とやりがい

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)は、バリアフリーに対応した高齢者向けの賃貸物件のような介護施設です。以前は、高齢者専用賃貸住宅高齢者向け優良賃貸住宅といった区分もありましたが、現在はサービス付き高齢者向け住宅に統一されました。

屋外区切りや室内区切りなど施設の造りは様々

一般的な賃貸住宅では、高齢者という理由で入居を断ることも珍しくありませんでしたが、サービス付き高齢者向け住宅は高齢者専用の賃貸住宅として利用されています。

サービス付き高齢者向け住宅には、マンションのように一部屋ごとに玄関があって屋外で区切られている施設から、老人ホームのように室内で各部屋が区切られている施設まで様々です。

介護サービスの提供は特定施設入居者生活介護のみ

介護サービスの提供は特定施設入居者生活介護のみ

「サービス付き」となっていますが、入浴介助や食事介助などの介護サービスが提供されるのは、特定施設入居者生活介護の指定を受けているサービス付き高齢者向け住宅のみになります。

それ以外の施設は、職員による見守り介護や生活相談といった対応しか行っておらず、基本的には高齢者が自立するための介護施設といった位置付けになります。

自立可能でなければ入居できない

サービス付き高齢者向け住宅の入居基準は、60歳以上で自立~軽度の要介護までとなっています。また、認知症の高齢者を受け入れている施設は少なく、基本的に自立可能と判断されなければ入居することは難しいでしょう。

ただ、特定施設入居者生活介護の指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅だと、身体介護を含めた身の回りの世話を必要とする高齢者も入居しており、介護付き有料老人ホームとの違いはほとんどないと言えるでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士の仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士の仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士の仕事内容は、基本的に見守り介護が中心となります。入居者様の多くは自立しており、日中はデイサービスへ行ったり、施設内で自由気ままに過ごしている方が大半となります。

ほとんどの入居者が自立した生活を送れる元気な方が多いため、食事や入浴、排泄などの介助は、有料老人ホームと比べ、さほど多くはありません。

また、特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設であれば、起床介助やおむつ交換なども行いますが、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームで働く介護士の仕事内容に比べれば、かなり楽という声も聞きます。

ただ、サービス付き高齢者向け住宅で暮らす高齢者は、これから徐々に介護度が重度化するケースが多いため、認知症初期段階の最も介護が大変な時期に直面することも多くなります。そういった意味では、サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士には、あらゆる場面に対応できる知識やスキルが求められると言えるかもしれません。

サービス付き高齢者向け住宅で働く上でのやりがいとは?

サービス付き住宅へ入居されている方は自分で動ける方が多く、それぞれが好きな時間を過ごしています。

そのため、身体介護を行うよりも、快適な生活が送れるよう、きめ細やかな配慮や声掛けが求められています

つまり、入居者の方それぞれの性格やこだわり、好みを考慮し、配膳や掃除、買い物の方法を工夫し、旅館の女将さんのおもてなしのような仕事が喜ばれるのです。

入居者にとって介護職員の存在はとても心強いものです。頼りにされたり、入居者に合わせて臨機応変に動くことは、とてもやりがいがあるのではないでしょうか

サービス付き高齢者向け住宅の仕事に向いている人とは?

他の施設に比べ、サービス付き住宅では直接介護などをする機会が少ないです。そのため、こちらから積極的にコミュニケーションをとり、日常会話の中からその方の情報を得ていかなければいけません

自身のスタイルとペースで生活されている方々なので、妨げることがないよう目上の方を敬う気持ちを持って言葉遣いや態度、タイミングに気を配り、印象良く接していかなくてはいけません。

言われたことをやるだけの御用聞きとなるのではなく、介護職員として「困っていることはないか」「変わった様子はないか」「援助できることはないか」など、常に気にしながら、本当に困ったときに頼ってもらえる存在になる必要があります。

介護の力だけでなく、サービス業としてのコミュニケーション能力や、気配り、頼れるような優しさを持ったような、包容力や対応力を持った人が向いていると言えるでしょう

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.