介護施設・介護事業所

有料老人ホームで働く介護士の仕事内容とやりがい

有料老人ホームとは、民間企業や社会福祉法人が営利目的で運営している介護施設のことを言います。特別養護老人ホームとは違い高齢者の入居費用が高額な施設が多く、資金に余裕がある高齢者でなければ入居することができないのが現状です。

また、特別養護老人ホームの入居待ちのため、一時的に有料老人ホームへ入居を検討する高齢者も多く、そうした需要に対応するため安い費用で入居可能な有料老人ホームも増えています。

有料老人ホームには3つの種類がある

有料老人ホームは大きく分けて3つの種類があります。介護が必要な高齢者を受け入れている「介護専用型」、介護が必要な高齢者と自立できる高齢者の両方を受け入れている「混合型」、自立できる高齢者のみ受け入れている「外部サービス利用型」です。

一般的には、介護専用型を「介護付き有料老人ホーム」、混合型を「住宅型有料老人ホーム」、外部サービス利用型を「健康型有料老人ホーム」と呼ばれています。

介護付き有料老人ホーム
(介護専用型)
重度の介護(要介護)から軽度の介護(要支援)が必要な高齢者を幅広く受け入れている有料老人ホームで、入居者様の介護は施設で働く介護士が行う。
住宅型有料老人ホーム
(混合型)
軽度の介護が必要な高齢者(要支援)と自立できる高齢者の両方を受け入れている有料老人ホームで、入居者様それぞれに必要なサービスを介護士が行います。
健康型有料老人ホーム
(外部サービス利用型)
自立して生活できる高齢者のみを受け入れている有料老人ホームで、施設スタッフは基本的に介護は行わず、必要に応じて外部の介護サービスを利用する形になります。

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームでの介護は施設で働く介護士が対応しますが、健康型有料老人ホームの場合は訪問介護サービスを利用するケースが多くなっています。

自分が働きたい有料老人ホームはどういったタイプのサービス形態なのかをしっかり把握してから応募するようにしましょう。

有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

サービス内容や介護方針など有料老人ホームによって様々ですが、介護士の仕事内容は基本的にどこの老人ホームも同じ。食事介助、入浴介助、排泄介助といった身体介護から、年間行事の企画運営やレクリエーションなど入居者様の様態に合わせて幅広く対応します。

また、多くの有料老人ホームでは、ベッドシーツや枕カバーを換えるリネン交換は外部のクリーニング業者に依頼している施設が大半となっています。

有料老人ホームで働くやりがいとは?

有料老人ホームは入居されている方にとって「住まい」であるため、そこで安全安心に生活していただけるよう支援を行っていきます。つまり、ここで働く介護士は「暮らしのお手伝い」という大切な役割があります

マニュアルにある通りの支援を行うだけでは、入居されている方にとっての快適な生活や、環境を整えることはできません。積極的にコミュニケーションをとりながら、それぞれが大切にしてきたくらし方を尊重し、それぞれに合わせた必要な支援を行っていきます

さまざまな方々のくらしにじっくりと向き合い、支援を行うことは、流れ作業のような介護とは比べものにならないほど価値のあるものではないでしょうか?

また、自身が企画したレクリエーションで入居者様の笑顔を見ることができたときは、嬉しく、次の企画への力となるはずです。

有料老人ホームの仕事に向いている人とは?

仕事を行う上で、介護についての幅広い知識や技能が必要なのはもちろん、有料老人ホームでは臨機応変な対応が行える能力が求められます

なぜなら、有料老人ホームでは利用者様がそれぞれの部屋で思い思いに過ごされており、そのスタイルに合った支援が必要なためです。

さらに、高齢であるため、急激な体調の変化が起きることがあります。いつもと違う様子や態度の場合、健康に関することに限らず、困ったことや悩み事などを抱えている場合もあります。

これらにすぐ気付くことができるよう、常に観察やコミュニケーションを図っていくことがとても重要です

実際に行う介護や支援の技術だけでなく、福祉や医療に関する知識を身につけ、ご利用者様の様々な声にお応えできるように努力することも必要となってきます。

有料老人ホームには倒産もありえる

注意しなければいけないポイントは、有料老人ホームは利益目的で運営されているということです。公的に援助を受けながら運営されている特別養護老人ホームや介護老人保健施設とは違い、業績次第では倒産といったリスクがあります。

それに関連して、有料老人ホームで働く介護職員はサラリーマンと同じでリストラ(クビ)といったケースも十分に考えられます。

入居者様が増えて売り上げも増えれば、施設の規模も大きくなり経営状況は安定します。

逆に入居者様が少ないままで、収益も赤字状態が続けば、上記で説明した倒産やリストラといった事態も起こりえるということです。

また、最近では介護職員による虐待のニュースをよく耳にします。大阪府吹田市の特別養護老人ホームで起きた事件では被害者の転居と賠償金で治まりましたが、神奈川県川崎の有料老人ホームで起きた事件では新規入居受け入れが停止となっています。

有料老人ホームなら廃業や倒産もありえる

求人を探す時点では、施設の経営状況やトラブルなど見落としがち。

正社員として長く働くつもりであれば、応募する前に人材コーディネーターを介して施設の経営状況を聞いておくのも、転職で失敗しないための重要なポイントです。

施設ランクで業務内容が変わる

有料老人ホームのなかには、スポーツジムやスパ完備で、まるで高級ホテルの様なハイクラスの有料老人ホームもあります。

一方では、安い費用で入居できるよう民家を改築したような簡素な創りの有料老人ホームも増えており、まさにピンからキリまで幅広いランクの有料老人ホームが存在します。

だいたいの予想が着くとは思いますが、有料老人ホームのランクによっては臭いや衛生面、施設設備などにも大きな差が出ます。そうなれば、必然的に施設で働く介護職員の仕事内容モチベーションにも大きく影響してくることでしょう。

高級ホテルの様なハイクラスの有料老人ホーム

逆にハイクラスの有料老人ホームに入居者している高齢者はどこか傲慢(ごうまん)で、態度や性格に問題があるといった意見も頻繁に耳にします。「高い金を払っているのだから介護をしてもらって当然!」といった姿勢でこられるため、お客様としての言葉使い配慮など、まるで一流ホテルのような接客スキルを求められる職場も珍しくありません。

どういった施設で働きたいかは人それぞれの希望があると思いますが、応募前には必ず施設見学を行い、自分なりに入社後のシミュレーションを行うといいかもしれません。

施設形態によって異なる介護士の仕事内容

訪問介護と施設介護では同じ介護士でも仕事内容は全く異なります。また、有料老人ホームやグループホームなどの施設形態でも介護士の仕事内容は様々。働きたい職場が明確に決まっていない方は、各サービスの特徴や介護サービス、介護士の仕事内容をしっかりと理解するところから転職活動をはじめましょう。

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.