住宅型有料老人ホームで働く介護士の仕事内容とやりがい

NO IMAGE

住宅型有料老人ホームとは、1人暮らしが困難な高齢者を対象にした有料老人ホームのことで、民間企業や社会福祉法人によって運営されています。一般的には、自立~要支援の高齢者を混合で受け入れており、必要に応じて生活援助などの介護サービスを提供しています。

住宅型有料老人ホームでは自立同然の生活を送る

住宅型有料老人ホームの特徴は、施設内に身体介護を行う職員が常駐していないということです。ですので、入居者様は自分の力でお風呂に入り、トイレへ行き、ご飯を食べるなど、自立同然の生活を送っています。

もし、入居中に介護士による身体介護が必要になった場合は、個人で訪問介護などの外部サービスを利用する形になるか、やむなく退去しなくてはならない場合もあり得ます。つまり、入居者様は介護施設ではなく在宅感覚で暮らすことになるでしょう。

住宅型有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

住宅型有料老人ホームでの仕事内容は、基本的に見守り介護が中心となります。特別養護老人ホームのような介護体制は無く、もちろん看護師の常駐もありません。

入浴介助、排泄介助、食事介助といった身体介護は行いませんが、歩行補助や着替えのお手伝いなどの生活援助は頻繁に対応します。働くにあたって介護の知識やスキルはそこまで求められませんが、想定外の事態に対して臨機応変に対応できる能力は必要になります。

最近では、そうったい事態に備えて介護士を常駐させている住宅型有料老人ホームも多いと聞きます。住居型とはいえ、実際は介護が必要な高齢者も多く入居しており、介護付き有料老人ホームとの境界線が難しいといった施設も多いようです。

その他にも、住宅型有料老人ホームにはプールやフィットネスジム、カラオケや麻雀ルームといった設備が備わっている施設もありますので、そういった設備管理もスタッフの仕事に含まれています。もちろん、レクリエーションやイベント行事の企画運営も行います。