介護転職ノウハウ

介護士として働く前に知っておきたいノウハウ

介護に限らず、全く知らない業界への就職や転職には、いろいろと不安も多いかと思います。こちらでは、そういった方から頂いた相談をもとに、悩みを解決するいくつかの介護転職ノウハウをご紹介します。現役の介護士ですら知らない情報もご紹介していますので、これから介護士を目指す人は必見ですよ。

特別養護老人ホームと有料老人ホーム、働くならどっち?

同じ介護士でも、働く施設によっては仕事内容や業務範囲も大きく違います。そのため、求人を選ぶ時には職場となる介護施設の種類を基準に選ぶという人も、実は多いのではないでしょうか?なかでもよく相談されるのが、特別養護老人ホームと有料老人ホームの業務の違いについてです。そこで今回は、介護士目線で見た、特養と有料の違いについてご紹介したいと思います。

続きを見る

単発非常勤と非常勤の違い

派遣社員に登録すると「単発非常勤」という言葉を聞くと思います。そもそも単発非常勤とは一体どういった働き方なのでしょうか?今回は、日雇派遣禁止で変わった2つの働き方の違いをご説明します。

続きを見る

有料老人ホームで働くなら派遣社員がおすすめ

資格を取得したばかりで介護士になりたてといった方が介護施設で働こうと思った場合、特別養護老人ホームか有料老人ホームで働くか迷うと思います。そこで私なり調べた結果になってしまいますが、特別養護老人ホームで働くなら社員で、有料老人ホームで働くなら派遣社員がおすすめという理由をご紹介したいと思います。

続きを見る

夜勤なしの求人の探し方

介護士の仕事に夜勤は付きものですが、日勤に比べ職員数も少なく、夜勤ならではのトラブルも多くなっています。正社員であれば日勤と夜勤のシフトが交互に入っており、生活リズムが崩れて毎回調整するのが大変ですよね。毎月の給料の中で夜勤手当てが占める割合は大きいですが、できることなら夜勤を避けて働きたいという方も多いのではないのでしょうか。

続きを見る

夜勤専業の介護士求人について

介護施設は24時間365日体制で入居者を介護し見守っています。そのため、夜間でも介護士の配置が行われています。日勤と比較すると夜勤は職員数が少なく、認知症高齢者の徘徊や寝かせ付けとった対応も必要になり、大変という声もよく耳にします。

続きを見る

介護職で土日休みの求人とは?

介護職は24時間365日体制で稼働している業界です。商品といった物を扱うサービスとは違い、高齢者など人に対するサービスのため、決まった日に休むということは難しい職業です。

続きを見る

土日のみ勤務の介護職求人の探し方

介護サービスは24時間365日体制で稼働しており、利用者に合わせて介護職員が対応してる状況が続いています。そのため、一般企業で当たり前となっている土日祝休みという概念はなく、スタッフがシフトに基づき勤務しています。

続きを見る

社員寮や社宅制度が利用できる介護求人

転職を機にお金を貯めたいという方にとって、住み込みで働くことができる社員寮はとても助かりますよね。そこで今回は、介護職における社員寮について、メリットやデメリットも交えながらご紹介します。

続きを見る

介護士が給料をアップさせるには転職しかない

介護業界が抱える大きな問題といえば、職員の賃金が低いということ。介護職より給料が少ないといった仕事もたくさんありますが、超高齢化社会を迎えた中で一番求められる専門職にも関わらずということで、国をも巻き込んだ一大事となっています。

続きを見る

無資格・未経験でも介護士に転職できるか?

一般的な転職では、資格や職務経験を重視する職場も少なくありません。そのため「資格がないから無理」「介護は全くの未経験」「アルバイト経験しかない」といった不安を抱えながら、介護業界への転職に踏み切れない人もいるかと思います。

続きを見る

介護士とが正社員として働くメリットと転職方法

一般的企業であれば迷わず正社員として働きたいところですが、サービス残業や夜勤がある介護業界においては一長一短。むしろ、残業代が全額支給されシフトの希望が出せるパートや派遣のほうがメリットが大きいと考える方も少なくありません。

続きを見る

介護士パートで働くなら施設介護がおすすめ

介護業界で働く場合、正社員や派遣社員など様々な雇用形態がありますが、なかでもパート・アルバイト求人が比較的多く募集されています。特に訪問介護員(ホームヘルパー)として働く方の9割以上はパート・アルバイトといった非常勤雇用となっています。

続きを見る

仕事を辞めたい!介護士たちの転職理由まとめ

近年の高齢化に伴い、介護業界は成長分野となっています。しかし、業種別の離職率では、上位にはいる業界となっています。「働きがいがある」「人や社会の役に立つ」「今後もニーズが高まる分野」、とさまざまな期待や理想を持ち就職したはずが、現状では現実とのギャップのため、悩んで離職していく人が多くいます。

続きを見る

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.