介護転職ノウハウ

特別養護老人ホームと有料老人ホーム、働くならどっち?

同じ介護士でも、働く施設によっては仕事内容や業務範囲も大きく違います。そのため、求人を選ぶ時には職場となる介護施設の種類を基準に選ぶという人も、実は多いのではないでしょうか?

なかでもよく相談されるのが、特別養護老人ホームと有料老人ホームの業務の違いについてです。そこで今回は、介護士目線で見た、特養と有料の違いについてご紹介したいと思います。

入居者の認知症度合いの違い

老人ホームには、身体的に介護が必要な高齢者の他に、認知症によって自立した生活や在宅介護が難しくなった高齢者も多く入居しています。

特別養護老人ホームには介護度3以上の高齢者、つまり常時介護が必要な高齢者、もしくは重度の認知症を抱える高齢者しか入居することができません。

一方の有料老人ホームの場合は、介護を必要としている高齢者から介護を必要としない高齢者、重度の認知症高齢者から軽度の認知症高齢者まで幅広く受け入れています。

軽い認知症を抱える高齢者の問題点

重度の認知症だと、介護拒否や粗暴行為(暴力行為)はあまりみられませんが、初期の認知症の場合は、自分の汚物をベッドの下に隠したり、自分はまだ排泄が出来ると言い張ってオムツの着用を拒否する高齢者も多いそうです。

有料老人ホームでは身体も元気な高齢者も多いため、夜間の徘徊や介護士への暴力も頻繁にあるようです。そういった点でも、同じ介護士でも特別養護老人ホームと有料老人ホームでは業務の違いがあるそうです。

グループホームに入居出来なかった高齢者も有料老人ホームへ

軽度の認知症だけであればグループホームといった介護施設が利用できるのですが、認知症に加え常にスタッフの介護が必要にな高齢者はグループホームには入居できません。

また、特別養護老人ホームの場合は入居待ちが現在全国で50万人超と、高齢者によっては5年以上待たされる事もあるそうです。

介護施設を検討する際は、緊急を要する場合がほとんどですので、公営の施設に入居できなかった高齢者が有料老人ホームを選ぶといったケースが多いそうです。

立地条件の違い

有料老人ホームは民間企業によって運営されているため、入居者へのサービス以外に利用者家族へのサービス配慮も行う施設が多く見られます。

ですので、都心部にある施設だと駅から近い場合が多く、毎日通勤する介護職員にとっても働きやすい環境と言えるでしょう。

車通勤がほとんどの郊外であればあまり気になりませんが、電車通勤となる都心部ではこうした立地条件にも働きやすさの差が出てきます。

施設設備の違い

有料老人ホームの場合、施設運営の一番の目的は会社利益となっています。売り上げを上げるためには会社を大きくする必要があり、そのためには人材は欠かせません。人材確保のため介護士が働きやすい環境構築に力を入れている施設も多く見られます。

また、施設内の設備を最新にすることは、入居を検討している利用者にとっても大きなアピールポイントにも繋がりますよね。

一方の特別養護老人ホームは、運営費の大半を介護報酬といって、国からの助成金でまかなわれています。そのため、施設運営にあたっては利益にこだわる必要がなく設備も最低限のものを使用している施設がほとんど。

介護スタッフや利用者家族へ向けたサービスのアピールより、利用者へのサービス提供に重点を置いています。

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.