介護転職ノウハウ

介護業界は中途より新卒のほうが給料が高い?

最近に多くみられる傾向なのですが、とある大手介護企業では、中途社員より新卒社員の方が給料が高いといった事が多々あります。

介護業界において新卒はブランド人材

一般的に新卒社員の場合は、未経験で入社後は研修が中心なるため実質的な会社への貢献度は低く、一種の投資として新卒を採用する企業が大半です。そのため、社内で一番低い基準の給料からスタートといった場合がほとんど。

ですが、介護業界で働く社員のほとんどは中途採用、もしくはパート雇用からの社員登録とキャリアアップする介護士がほとんどで、そもそも新卒で介護士を目指すといった学生は、他の業種と比べても極めて低いといったデータも出ています。

つまり新卒という希少な人材が、介護業界では一種のブランドになっていることが要因と考えられます。

また、新卒社員を多く採用すること自体が、企業にとっても大きなアピールポイントになります。

こういった理由から、数少ない介護士志望の新卒を、出来るだけ多く採用したいという企業側も策略があるのではないかと考えられます。

最終的には実力主義

しかし、中途社員の給料が低くなっているというわけではありません。あくまで新卒を多く採用するためです。

ご存じの方も多いかと思いますが、介護業界で求められるのは資格と継続力です。

介護職員初任者研修や介護福祉士といった有力な資格を保有している介護士は重宝されます。また、入れ替わりの激しい介護業界では勤務年数が長い介護士はどんどんキャリアアップします。

これから派遣社員や中途社員、パートとして介護業界を目指す人は、そういったルートで勝負をすることおすすめします。

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.