介護転職ノウハウ

無資格・未経験でも介護士に転職できるか?

一般的な転職では、資格や職務経験を重視する職場も少なくありません。そのため「資格がないから無理」「介護は全くの未経験」「アルバイト経験しかない」といった不安を抱えながら、介護業界への転職に踏み切れない人もいるかと思います。

しかし、そういった心配は必要ありません。無資格・未経験でも介護士として働くことは可能です。

介護は慢性的な人手不足

ご存知の通り、全国的に高齢化が進み介護施設や訪問介護事業所では慢性的な介護士不足となっています。そのため「来る人拒まず」の状態となっており、求人サイトでも無資格や未経験でもOKとしている求人も簡単に見つかるかと思います。

未経験入社が当たり前

新卒で介護士になる人の割合ですが、実は全体の1割にも満たないってご存知でしたか?つまり、現職の介護士のほとんどは未経験の中途として入社しているということになります。

ですので、未経験入社が当たり前の介護業界で、実務経験無しはマイナス評価ではありません。求人サイトでよく目にする「資格不問」や「未経験者歓迎」といった表記は単なる応募者集めの口述ではなく、採用担当の心の叫びなのかもしれませんね。

介護は安定した業界

超高齢化社会に突入した現在、介護職で就職口がなくなるといった心配ごとはしばらく必要ないでしょう。仮に勤めていた介護施設が廃業したとしても、介護職という専門スキルが次の転職の大きな武器となります。

基本的な介護業務はどの職場でもほとんど共通するので、転職によるスキルのリセットといった心配もありません。

ですので、不採用が続き転職先が見つからないといった方や、勤めていた会社が倒産したという方にとって介護士おすすめ職業といえるかもしれません。

誰でもなれる専門職

家族が親の世話を行う在宅介護という言葉があるように、介護は誰でもできる仕事です。老老介護といった言葉もあり、体力的にも劣るお年寄りでも介護をしているほどです。介護士は最もハードルが低い専門職と言ってもいいでしょう。

ただ、決して簡単で楽な仕事ではないということを念頭に置いておく必要があります。自分の家族ではないからこそ辛いことや理不尽なこともあります。

ですので、資格や業務経験といったことよりも、介護士としての自覚が最も必要とされています。

働きながらキャリアップする

当然ですが、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)や介護福祉士といった資格を持っている人、介護士として働いた経験があるの人の方が転職に優位ということは言うまでもありません。

さらに、サービス提供責任者や主任といった役職に就く際は、資格の有無が絶対条件となります。

介護士としての入り口は無資格・未経験でも構いませんが、働きながら資格の取得を目指したり、積極的にスキルアッップセミナーへ参加したりして、自身のキャリアップを心がけることをおすすめします。

かいご畑なら無料で資格が取れる

そこでおすすめの求人サイトがかいご畑です。ニッソーネットが運営する求人サイトのかいご畑では、異業種からの介護士転職を積極的に支援しています。

無資格・未経験OKの求人紹介はもちろん、登録スタッフであればスキルアップセミナーに無料で参加することもできます。

さらに、同じニッソーネットが運営する「介護教室ほっと倶楽部」にて、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)が無料で取得することが可能。

これほどまでの充実したサポート制度を導入している求人サイトはかいご畑だけです。

かいご畑の詳しい情報はこちら

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.