介護転職ノウハウ

介護士が働く場所って?施設形態で異なる仕事内容まとめ

介護保険制度に基づいた要介護・要支援高齢者や、認知症高齢者の人数は、高齢化に伴い増加傾向にあります。

しかし、現状としては受け入れ可能な施設の整備が整っていません。

そこで、住み慣れた地域で安全安心に長く暮らしていけるよう、国は地域包括ケアシステムの整備に力を注いでいます。

地域包括システムの構築により、入居施設の認可、地域ケアの充実が可能となるだけでなく、介護に携わる人の活躍の場が広がっていきます。

介護施設サービスとしての職場

高齢者が入居サービスを受けられる施設は、公的なものや民間のものまで、多くの種類があります。

公的施設としては、介護保険サービスに位置づけられる以下の3つの施設があります。

特別養護老人ホーム 要介護3以上の方が対象。
介護老人保健施設 自宅で生活できるようリハビリに取り組むのを目的としている方が対象。
介護療養型医療施設 医療処置が必要で長期療養が目的の方が対象。

介護職の内容は、各利用者の医療依存度により変化しますが、各施設での役割も大きく重要です。

例えば、民間事業が運営するものとしては次の2種。

有料老人ホーム 介護度合いにより入居が左右される。施設によりサービス内容が異なり、施設スタッフとして介護が行われる。
ケアハウス 軽度認知症の利用者を受け入れる。利用者に対し、日常的な介護職員のケアが必要な施設。

訪問介護サービスとしての職場

高齢者の自宅や高齢者住宅に、ケアプランにしたがって訪問介護職員が訪問し、生活援助や身体介護といった支援を行います。

こうした支援を行うのは介護職員初任者研修を修了しており、訪問介護事業所に所属している介護職員です。

通所介護サービスとしての職場

デイケアや、デイサービスといった通所サービス業があります。

これには、利用者が住み慣れた地域で可能な限り生活を続けていくことができるようサポートする役割があります。

主に日常生活に必要な支援が行われており、リハビリが目的となっています。

しかし、入浴や食事などのサービスを行っている施設もあり、介護としての大きな役割も持っています。

そのため、多くの介護職員が活躍しています。

まとめ

いかがでしょうか?介護の仕事内容がお分かりいただけたでしょうか?

介護の現場では法律の改正などが進んでおり、それに伴い必要な資格も大きな変化をしてきています。

これまで持っていた資格が無効となったり、働くためにはさらに資格が新設されたりと、成長している業界といえます。

自身がどのような現場で活躍したいか、どのように働きたいかをイメージし、各施設や業務内容、資格などを選んでいただければと思います。

介護士の職場と仕事内容について、もっと詳しく知りたい方は「介護士の仕事内容」を参考にして下さい。

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.