介護転職ノウハウ

介護の派遣とパート・アルバイトってどう違う?仕事内容や給料は?

介護職として働こうとしたとき思い浮かぶのは正社員か、アルバイト、パートか、といった選択肢が浮かぶかと思います。

実は、派遣社員という選択肢もあるのです。アルバイトやパートと、派遣社員は同じようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

しかし、双方の内容について細かい違いが多くあるのです。どちらを選択するべきか、アルバイトやパートと派遣社員の違いをお伝えします。

違いを把握することでどちらで働けばいいか、判断することができます。どういう形で働くのが適しているか、参考にしていただけますと幸いです。

アルバイトやパートと派遣社員の仕事内容の違いは?

アルバイトやパートの場合、施設で決められた仕事を行うのが基本です。

正社員と仕事内容にさほど違いはありませんが、責任を持った業務を担当することはめったにありません。

一方派遣社員の場合、仕事内容は派遣会社と派遣先の施設との間の契約で決められるため、派遣先により仕事の範囲は異なることがあります。

しかし、介護業界において仕事の範囲の境界線は明確にはなっていないことが多く、施設によっては正社員と同じ仕事を任されることもあります。

そもそも介護職においては資格の有無によって仕事内容が大きく変わるわけではないため、正社員と派遣社員との間で、仕事内容や量に大きな差はないようです。

アルバイトやパートと派遣社員の仕事期間は?

正社員と同じように、アルバイトやパートの場合、勤務期間は決められていません。

しかし派遣社員の場合、契約により勤務期間が決められているため、決まってから数か月といった期間で働くこととなります。

そのため契約が更新されなかった場合、その施設での勤務はできなくなってしまいますが、人間関係など職場の雰囲気が合わなかった場合は契約更新をすることなく、気にせず辞めることができるという、仕事の期間が決まっていることで得られるメリットがあります。

もし気に入った職場で契約更新ができれば、介護業界では人手不足の所が多いため、そのまま正社員になるチャンスもあり、派遣社員として働く方がいい場合も多いです。

アルバイトやパートと派遣社員の給料の違いは?

アルバイトやパート、派遣社員は同じ時給制であることが多いです。

しかし、同じ時給制であっても、アルバイトやパートと比べ、派遣社員の時給は高く設定されており、同じ時間でも派遣社員の方が多く稼ぐことが可能です。

これには理由があり、アルバイトやパートの場合、施設が直接雇用するため、直接雇用主となる分、求人のための求人雑誌などへの広告宣伝費や、給料計算、シフト調整、保険料などの事務処理費用など、私たちには見えないところでコストや負担がかかっています。

一方派遣社員の場合、こういったコストや負担は派遣会社が負担するため、施設側はアルバイトやパートを雇うよりもコストや負担が軽減され、その分派遣社員の時給を高く設定することができるのです。

アルバイトやパートと派遣社員の求人を探すには?

アルバイトやパートとして働きたい場合、自分で求人雑誌などから探し、電話やネットから応募し、面接を受けるかと思います。

しかし派遣社員の場合、勤務地だけでなく、「土日休み」、「残業・夜勤なし」といった希望を伝えることで、その条件に合った勤務先を探してもらうことができるので自身の手間はほとんどかかりません。

アルバイトやパートと比べ、あらかじめ希望を伝えているため、スムーズに働き始めることができるようです。

アルバイトやパートと派遣社員に対して施設からの期待は?

アルバイトやパートの場合、介護職が未経験な人も多く、施設側も研修などが必要であると考えています。

もちろん派遣社員の場合も未経験で始めることはできますが、求人を出す際は即戦力となる人材を求めている場合が多いため、派遣会社へはきちんと介護職の経験の有無を伝えましょう。

そうすることで施設と派遣会社間でのミスマッチが起こらず、安心して働くことができます。

まとめ

アルバイトとパートと派遣社員は似ているようですが、比べてみると違いがはっきりとしることがおわかりいただけたでしょうか?

これらの違いを認識し、自身はどういった形態で働くのがいいのか、後悔しない働き方を見つけるための参考にしていただけますと幸いです。

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.