介護転職ノウハウ

持っている資格で異なる介護業界の仕事!就職転職におすすめは?

近年高齢化が進み、介護業界は成長してきている分野です。人の役に立てること、人と人とのつながりを大切にできること、そういったやりがいがあることが、介護職の魅力なのではないでしょうか。

高齢者の方々は人生の先輩です。素敵な出会いが人生を豊かにしてくれるでしょう。

そんな介護職にはどのような資格があるかご存知ですか?介護の仕事がどのようなものかご紹介していきます。

これからの資格取得や職探し、就職活動の参考にしていただけますと幸いです。

介護の資格と仕事内容について

社会福祉士、社会福祉士法の制定に伴い、福祉専門職が制度化されました。

また、介護保険制度が施行されたのをきっかけに、介護という仕事が知られるようになりました。

様々な資格制度や研修が整備されていき、介護職が専門職として認識されるようになってきています。

しかし資格は創設されていますが、現在の介護保険法では介護職員の資格問われておらず、無資格で働くことも可能となっています。

とはいえ、資格の有無や程度により、できる仕事や待遇には差があります。

無資格で働くことは可能なため、働きながら資格取得を目指したり、職場も後押ししてくれる場合が多く、ステップアップが可能な仕事です。

無資格の場合

食事の準備、掃除、衣類の洗濯や整理、買い物など、生活の中での援助は無資格でも行うことができます。

ご利用者様との会話を楽しみながら、他の介護職員の仕事を見ることで、多くのことを学べ、自身の勉強に役立てることができます。

介護職員初任者研修

従来のホームヘルパー2級に相当する研修制度で、2013年度に新たに導入されました。

ホームヘルパーの資格は現在でもありますが、その研修が廃止され、在宅サービスを中心としていたものから、在宅、施設双方でのサービスが行えるよう、介護職員初任者研修へと移行されました。

介護のために必要な知識や技能、考え方を学び、基本的な介護業務の研修を320時間受け、修了試験を合格することにより「介護職員初任者研修修了者」となることができます。

従来のホームヘルパーに試験はありませんでした。

これにより、買い物、料理、掃除、洗濯などの他に、高齢者や身体障害者の方へ、在宅や施設にて食事、入浴、排泄などの身体介護を行うことができるようになります。

介護職員初任者研修は、介護保険法に基づき各都道府県が指定した事業所などの研修機関にて、受講、修了することができ、修了後は、「サービス提供責任者」、「介護職員実務者研修」、「介護福祉士」へとステップアップをすることができます。

実務者研修

従来のホームヘルパー1級や、介護職員基礎研修に相当し、平成28年度から介護福祉士受験資格の1つとなりました。

介護職員初任者研修で学んだことに加えて、さらなる介護技能や医療制度、医療ケアの知識を学んでいきます。

研修必修時間は450時間です。科目は介護職員初任者研修やその他に持っている資格により免除される場合があり、介護職員初任者研修と同様、各都道府県が指定した事業所などの研修機関にて受講、修了できます。

修了後は、介護職員間の連絡、調整、指導など、介護事業の全般に携わることが可能になります。また、サービス提供責任者となることができます。

このことにより、ケアプランに従いご利用者様の希望や必要なサービスを取り入れた訪問介護計画書を作成、実施、修正することができ、居宅介護支援事業者との連携業務を行うことができます。

介護福祉士

介護福祉士は国家試験で、介護福祉士養成校を卒業、または介護福祉士実務者研修を修了、実務経験3年を経た人が受験対象となっています。

介助を含め、日常生活を観察し、根拠に基づき質の高い介護を提供することが求められます。

また、介護職員への教育、指導や、福祉サービスを適切に提供するための環境整備や、他職種との連携を図ることも求められます。

ご利用者様本人やそのご家族から相談を受け、サービスを利用するための手続きを行う生活相談員としてや、施設監視者、サービス提供責任者として、活躍の場が広がります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護支援専門員は「ケアマネジャー」とも呼ばれています。保健。医療、福祉分野にて実務経験5年以上の方に受験資格があり、各都道府県が行う「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格後、実務研修を受講、修了することで取得できる資格です。

介護認定の手続きやケアプランの作成、実施、修正といったケアマネジメント業務を介護保険を利用したいと考えている高齢者に対して行うことができます。

活躍の場としては、施設や居宅介護支援事業所などがあります。

無資格者におすすめは介護職員初任者研修

これから介護業界に就職・転職を考えている方におすすめしたい資格は「介護職員初任者研修」です。

先ほどもご説明しましたが、介護のために必要な知識や技能など基礎から学べ、介護士として最低限のスキルの証明になります。

介護福祉士を目指す方だけでなく、将来はケアマネジャーになりたいという方も、まずは介護職員初任者研修から取得するといいでしょう。

かいご畑なら介護職員初任者研修が無料で取得できる!

介護職員初任者研修を取得するには通信教育などの学校に通う必要があります。また購入しなければいけない教材も多く、約10万円前後と決して安いとは言えない費用が必要になります。

しかし、介護職員初任者研修を無料で取得する方法があります。それが「かいご畑」という介護求人サイトです。

かいご畑では、派遣登録したスタッフを対象に、自社で運営する「介護教室ほっと倶楽部」の介護職員初任者研修カリキュラムの受講料を全額免除。派遣スタッフの人材育成を目的にしています。

働きながら資格も取得できるとあって、無資格未経験の方に人気です!

「資格を取得したいけどお金が無い」「無資格未経験だけど介護業界で働きたい」という方は、ぜひ、かいご畑の登録を検討してみて下さい。

かいご畑の詳細情報と登録はこちらから

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.