介護転職ノウハウ

仕事を辞めたい!介護士たちの転職理由まとめ

近年の高齢化に伴い、介護業界は成長分野となっています。しかし、業種別の離職率では、上位にはいる業界となっています。

「働きがいがある」「人や社会の役に立つ」「今後もニーズが高まる分野」、とさまざまな期待や理想を持ち就職したはずが、現状では現実とのギャップのため、悩んで離職していく人が多くいます。

介護業界から離れたいと考えている人たちの「離職」と「転職」の状況をまとめました。仕事を長く続けられない理由がどこにあるのか見ていきましょう。

介護士の仕事を辞めたい理由は?

現在の介護報酬制度では、事業所側が介護サービスを運営していくためには問題点が多く、深刻化しています。

「経営上の収支状況が厳しく、労働の条件や環境の改善ができない」「人材確保や定着のための賃金を十分に支払うことができない」などといった問題点があります。

事業所がこうした問題を抱えることが多いなか、介護職員が離職してくのには、次のような理由があります。

1.職場の人間関係

全体の25%を占めている一番多い理由です。(参考:平成27年度「介護労働実態調査」の結果)

介護業界の現場では人手不足が深刻化しています。

そのため職員の入れ替わりが激しいのですが、なかにはルールを守ることができなかったり、一般常識が通用しない人がいるなど、職場の調和が乱れることもあります。

また、女性が多い職場であるため、特徴して、グループとなりいじめやパワハラが起きやすくなります。

一方、あまり話題になることはありませんが、ご利用者様やそのご家族から叱責や罵声などの暴言、暴力や、性的な嫌がらせを受けるという、ご利用者様側とのトラブルも問題となっています。

そういった暴言、暴力が認知症や疾患によるものであれば、介護職員側の接し方により改善できる可能性もあるのですが、ご利用者様の過度の飲酒ぐせや、もとの性格が原因である場合は、改善が難しくなります。

こうした人間関係が離職の理由にあげられることは多くなっています。

2.勤務先の運営や理念への不満

介護業界に期待を持ち就職しても、実際の勤務先では違うといったギャップに悩む職員も少なくはありません。

労働の条件や環境を整えられるほどの金銭的余裕がある事業所はあまり多くなく、さらには、施設づくりや介護の提供のために使える費用さえも捻出することが難しいという事業所も多くあるのです。

また、介護職員が働いていくために必要なモチベーションの維持のため、教育や研修などといった人材育成にかけられる、時間と予算が十分に確保できないという現状もあります。

理想や期待を持った新人、さまざまな経験によって培われた介護観を持ったベテラン関わらず、自身の理想を求め、離職していくようです。

3.介護士は収入が少ない

介護業界は他の業種と比べ、平均賃金が低い傾向があります。

給料を支払うのが精いっぱいという事業所も少なくはなく、基本給の改善や昇給は難しいのが現状です。

収入が低いにも関わらず、専門的な知識を必要とし、精神的にも身体的にも負担が大きく、仕事の大変さと収入のアンバランスさに耐えきれず、離職を考える人が多いようです。

また、経験を積んだり、高度な資格取得により、転職をすることで収入増を見込めるため、転職がのための離職も多いようです。

4.その他の転職理由

ここまで書いてきた理由の他にも、以下のような理由で退職、転職をする介護士が多いようです。

  • 夜勤が多い
  • 残業が多い
  • 休憩を取ることが難しい
  • 仕事の中に楽しみを見つけられない
  • 腰痛など身体の不調

介護職を退職後の進路は?

どの理由も労働環境に原因があり、よい環境を求め転職活動が行われています。介護職から転職するには、どういった方法があるのでしょうか?

違う施設の介護士に転職

退職の理由が、人間関係や労働条件であった場合、介護職自体に問題がなければ、「他の職場へ転職」という選択肢があります。

自身の理想とする仕事のためには、資格を取得することで可能性が広がります。

受験資格として実務経験年数が設けられている「介護支援専門員」や、「介護福祉士」といった資格は努力することで、全ての人に、ステップアップするチャンスがあります。

できる仕事や転職先の幅を持たせるために、介護関連の「福祉用具専門相談員」や「福祉住環境コーディネーター」といった資格の取得を目指すのもいいでしょう。

取得可能な資格が多いのも介護業界ならではですので、それらを利用した転職も1つの方法ですね。

介護以外の他業種に転職

介護の仕事の知識と経験しかない場合、他業種への転職には不安があり難しいでしょう。

しかし、介護業界で得た経験が、転職への違った見方や考え方へ繋がるかもしれません。

例として高齢者向けの商品やサービスを扱っている介護用品の企業や高齢者向けの事業などがあります。

ここでは、自身の介護の現場での経験や、コミュニケーションの能力を活かすことができるのではないでしょうか?

また、コミュニケーション能力を活かすのであれば、販売・サービス業や、営業職などといった、人とのコミュニケーションが重要となる業種への転職も考えることができます。

一度自身の能力や仕事への理想を見つめなおすことで自身に合った職場を見つけることができるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまで介護職の方の「離職」と「転職」の現状をまとめてみました。

不安や不満から逃げるという選択ではなく、改善するための選択肢を選ぶことが大切です。

不安や不満のある職場で働き続けることも、転職も、どちらもエネルギーが必要ですよね。

よりよい職場環境を求めるためには、まず現在の職場と、自身の理想を見つめなおすことが必要でしょう。

介護士の転職に関する記事

Copyright(c) 介護士Work All Rights Reserved.