40代・50代・60代の介護業界での転職【年代別 自己PR】例文集

NO IMAGE

自己PRは、採用担当者の視点を意識し、できるだけ具体的な内容を記入することが大切です。

ここでは、年齢が高めの人が強みや経験をアピールするための自己PRの文例を、40代・50代・60代など年代別にご紹介。
自分の状況に近い文例をアレンジして、あなたらしい自己PRを作ってみましょう!

注意:「貴社」と「御社」の使い分けについて
履歴書等に書く場合は「貴社」、面接等で話す時は「御社」と言うのが正しい表現です。
また、どのような法人であるかによっても使い分けがあります。
一般企業の場合は貴社(もしくは御社)、社会福祉法人や医療法人の場合は貴法人(御法人)としましょう。

 

例文1.<40代の男性・未経験>店長経験で養ったマネジメント力をアピールしたいケース

家電量販店の店長を10年務めた経験を、今度は介護施設のマネジメントで活かしたいと考えています。
前職では、年代も幅広く、いろいろなキャラクターを持った20名のスタッフたちをまとめてきました。
トラブルが起きたときの対応も店長の大事な役目で、スピーディな行動力と誠心誠意対応する姿勢が身についたと思っています。

 

例文2.<40代の男性・経験者>ホーム長をめざし、実績をアピールしたいケース

特別養護老人ホームと有料老人ホームで10年間、介護の現場に携わってきました。
昨年、オープニング施設で主任に昇格し、ホーム長をサポートしながら施設を一から作り上げる経験もしました。
いずれはホーム長として活躍したいという目標があります。やる気のある人材を積極的に登用する貴社で、自分のスキルを試してみたいとやる気に燃えています。

 

例文3.<40代の女性・未経験>一生働ける業界で仕事をしたいと本気度をアピールするケース

ファッションの販売を20年間続けてきましたので、接客やコミュニケーションスキルには自信があります。
お客様との何気ない会話からニーズを引き出すのが得意で、小さな気づきを大切にできるのも強みだと思っています。
一生現役で働きたいと考える私にとって50代、60代でも続けられる介護職はとても魅力です。スキルを活かし、本気で取り組む覚悟です。

 

 

例文4.<40代の女性・経験者>より自分の考えにマッチする施設で働きたいというケース

前職の特別養護老人ホームではフロアリーダーを務めていました。
私は、画一的な介護にならないよう傾聴を心がけましたが、スタッフ全員が同じ考えを共有する難しさも実感。みんなが同じ理念や気持ちで働ける環境を求めて、転職を決意しました。
利用者本位の介護にスタッフが一丸となって取り組む貴社の姿勢に共感し、ぜひ自分も一員となってそうした介護を実践したいと思います。

 

例文5.<50代の男性・未経験>親の介護を通じて介護の大切さを実感し、介護職をめざすことを決めたケース

父が要介護になり、有料老人ホームにお世話になったのですが、恥ずかしながらそのとき初めて介護という仕事の意義や専門性を知りました。
50代から未経験の業界に転職するのは難しいとも思いましたが、当事者として経験した私だからこその強みもあるのではないか、と思いました。介護をする家族の気持ちがわかる介護士をめざして頑張りたいと思います。

 

例文6.<50代の男性・未経験>体育会系の粘り強さと自慢の体力をアピールしたいケース

食品会社の管理職を務めてきましたが、介護の仕事はまったくの未経験なので、一から教わり、勉強する覚悟です。
50代の今も体力には自信があり、山登りが趣味。体育会系で、粘り強さと、何ごとにも率先して取り組む行動力が持ち味です。
50代ならではの人生経験を時には武器にしながら、第二の人生をスタートさせたいと考えています。

 

 

 

例文7.<50代の女性・未経験>主婦業のスキルと経験をアピールするケース

介護はご利用者様の生活を支えるのが仕事だと聞きました。
介護の仕事は未経験ですが、“生活支援”という部分で、主婦業の経験を活かせると思っています。私は、ありもので食事をさっと作ったり、素早く掃除をこなしたり、短時間で臨機応変に家事をこなすのが得意です。
限られた時間でサービスを提供する訪問介護に活かせる強みだと思っています。

 

例文8.<50代の女性・経験者>専業主婦ならではの強みをプラスにとらえてアピールするケース

結婚前、特別養護老人ホームで介護職として勤務していました。
25年のブランクの間は家事のスキルを磨き、ご近所のお年寄りとコミュニケーションを図る機会も多くありました。また子育てを通じて、思いやりの気持ちや、相手の気持ちになって考えることの大切さをあらためて学びました。
専業主婦時代の経験を活かし、介護の仕事に取り組みたいと思います。

 

例文9.<60代の男性・未経験>年齢が近いことで利用者に共感できるのが強みになるケース

60代という年齢はもちろんハンデでもありますが、一方で、利用者の方たちと年齢が近いことで自然と気持ちに寄り添い、共感することができます。そこから信頼関係を築くこともできると思っています。
「明るくて、60歳には見えない」と言われますし、まだまだバリバリ働く元気があります。ぜひ、若い人たちに混じって頑張りたいと思います。

 

例文10.<60代の女性・経験者>若い頃とは違う視点で貢献したいというケース

年齢不問、という貴社の募集を見て、応募しました。
訪問ヘルパーは40代の頃に経験がありますので、自分にもできるのではないかと考えました。自分の老後を考える機会が増えたこの年代だからこそ、若い頃とは違う視点で介護ができるはずですし、幅広い年齢層のヘルパーが力を合わせる意味もあると思います。
少しでも社会の役に立ちたいという思いを持っています。